足が臭い原因と対策

足が臭い原因と対策

足は体の他の部分と異なりなぜ臭くなるのでしょうか?

 

足の臭いの原因となるのは、靴の中に繁殖するバクテリアの排泄物の腐敗臭が原因です。

 

足には他の体の部分の何倍もの汗線があり、そこから大量に汗が出ます。
汗自体は無臭ですが、時間が経過するにつれてて、それをバクテリアが餌として繁殖し、また排泄物を出します。
このバクテリアの繁殖数が多くなると、腐敗臭も増加して臭いの強さが増すのです。

 

とくに、ブーツは通気性が悪く高温多湿になりやすいためムレやすくなります。
足がムレることによりさらに臭いを増強させるため、悪臭を放ちます。

 

足が臭くらなない対策はバクテリアの繁殖を防ぐことで、しっかり足を洗うことが一番です。

 

そして汗をかきにくい状態にすることがよいのですが、日常生活では靴やブーツを履くのでなかなか難しいです。

 

ですので、最低限足を清潔にした上で菌を繁殖させない消臭対策が必要になるのです。

 

TOPへ